ED治療薬の飲み方

ED治療薬の飲み方

ED治療薬は正しい飲み方をすることで100%の効果を発揮してくれます。
服用を開始する前に一度、正しい飲み方を理解しておきましょう。

ここではバイアグラ・レビトラ・シアリスの3大ED治療薬の飲み方について詳しく解説していきます。

基本的な飲み方

バイアグラ・レビトラ・シアリス全てのED治療薬は、性行為の前に水かぬるま湯で服用することが望ましいです。

ここからは、項目を分けて一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

服用するタイミング

バイアグラ
性行為の1時間前

レビトラ
性行為の20分から1時間前

シアリス
性行為の1時間前

効果が実感できるまでの時間には、個人差があります。
しっかりと効果を発揮させたい場合には、上記のタイミングで服用するようにして下さい。

推奨用量

バイアグラ

初めて服用する場合25mg
1日の最大服用量50mg

レビトラ

初めて服用する場合10mg
1日の最大服用量20mg

シアリス

初めて服用する場合10mg
1日の最大服用量20mg

どのED治療薬も飲み始めは低用量から開始して下さい。
十分に効果が実感できない場合のみ、増量するようにして下さい。

どのED治療薬も1度服用した後、再度服用する場合には最低でも24時間の間隔を空けるようにして下さい。
バイアグラを飲んだ後に、レビトラを飲む場合でも24時間は空けて下さい。
ED治療薬は一度飲んだら24時間後でないと服用できないと覚えておいて下さい。

食事の影響

食事の影響

バイアグラ

バイアグラは食事の影響を受けやすい薬のため、空腹時に服用することが推奨されています。
服用する2時間前からは何も食べないことが理想です。

バイアグラを服用後に食事を摂る場合は、服用後30分以上の間隔を空けて下さい。
30分するとバイアグラの有効成分が体内に吸収されるため、食事の影響を受けません。

食後にバイアグラを服用する場合には、食後2時間以上の間隔を空けて下さい。
2時間というのは、食べたものが体内で消化されるまでの時間です。
脂質の多い食事の場合には2時間では消化しきれない場合もあるので、バイアグラを服用する前には脂質の多いラーメンや焼き肉などは避けるようにして下さい。

レビトラ

レビトラは食の影響を受けにくい薬ですが、下記のようにメーカーによって食事の影響に関する発表がされています。

約700kcal以内
脂肪30%以内

1度の食事で700kcal以内というのはかなり少ない量です。
外食で定食を食べてしまうとぎりぎりのラインとなります。
また、脂肪も注意しなければならないため、つまむ程度に抑えるようにしましょう。

レビトラも空腹時に服用することが推奨されています。
レビトラを服用する2時間前からは食事を摂らないようにして下さい。

脂質が多い食事では2時間で消化しきれないため、注意して下さい。
また、レビトラを服用してからは30分ほど感覚を空けるとどのような食事を摂っても問題ありません。

シアリス

シアリスは比較的食事の影響を受けにくい薬です。
効果が緩やかに発揮されるため、有効成分の体内への吸収も緩やかになっています。

しかし、シアリスも空腹時に服用することが推奨されています。
服用する2時間前からは食事を避けるようにして下さい。

脂質が多い食事では2時間で消化することができないため、シアリスを服用する予定がある場合には脂質の多い食事を避けるようにして下さい。
シアリス服用後であれば30分の時間をおくことで何を食べても問題ありません。

アルコールの影響

どのED治療薬もアルコールとの併用は禁止されていません。
しかし、注意しなければならないのは、アルコールの飲みすぎです。

ED治療薬は血管を拡張する働きがあります。
その働きの効果で、普段よりもアルコールが回りやすくなっています。
いつも通りにアルコールを摂取していても酔いが早くなっていることがあるので、飲みすぎには注意して下さい。

グレープフルーツ

グレープフルーツ

ED治療薬とグレープフルーツは相性が悪いです。
グレープフルーツに含まれている、フラノクマリンという成分が薬の効果を強めてしまいます。
効果が強くなるだけでなく、副作用のリスクも高くなってしまうので、ED治療薬を服用している時には、グレープフルーツを食べないようにして下さい。

グレープフルーツは果実だけでなく、グレープフルーツジュースも含まれるので、注意して下さい。

ED治療薬の勘違い

ED治療薬は精力剤と勘違いされることがあります。

薬を服用すれば必ず勃起する
薬の効果がある間は勃起し続ける

このような情報は間違っています。

ED治療薬はあくまでも勃起をサポートするための薬です。
服用後、性的な刺激があることで勃起を促す効果があります。

したがって、薬を服用したからといって強制的に勃起が起こるようなものではありません。
また、興奮剤のような働きもありませんので、注意して下さい。

ED治療薬との飲み合わせ

ED治療薬には飲み合わせが悪い薬があります。
ここからは併用禁忌薬と併用注意薬を詳しく見ていきたいと思います。

併用禁忌薬

バイアグラ
  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド
  • アミオダロン塩酸塩
  • リオシグアト
レビトラ
  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド
  • リオシグアト
  • リトナビル
  • インジナビル
  • アタザナビル
  • サキナビルメシル酸塩
  • ホスアンプレナビル
  • ロピナビル・リトナビル
  • オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  • ダルナビル
  • テラプレビル
  • ケトコナゾール(外用薬を除く)
  • イトラコナゾール
  • スタリビルド
  • クラスIA抗不整脈薬
  • クラスIII抗不整脈薬
シアリス
  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド
  • リオシグアト

併用注意薬

併用注意薬
バイアグラ
  • リトナビル
  • サキナビル
  • ダルナビル
  • エリスロマイシン
  • シメチジン
  • ケトコナゾール
  • イトラコナゾール
  • ボセンタン
  • リファンピシン
  • 降圧剤
  • α遮断剤
  • カルペリチド
レビトラ
  • エリスロマイシン
  • ビカルタミド
  • リファンピシン
  • カルペリチド
  • α遮断剤
シアリス
  • ケトコナゾール
  • イトラコナゾール
  • クラリスロマイシン
  • テラプレビル
  • リトナビル
  • インジナビル
  • サキナビル
  • ダルナビル
  • リファンピシン
  • フェイトイン
  • フェノバルビタール
  • ドキサゾシン
  • テラゾシン
  • アムロジピン
  • メトプロロール
  • エナラプリル
  • カンデサルタン
  • カルペリチド

ED治療薬を飲めない人

バイアグラ
  • 有効成分シルデナフィルに対して過去にアレルギー反応を起こしたことがある方
  • 心血管系障害などがあり性行為が不適切とされる方
  • 重度の肝機能障害がある方
  • 低血圧の方
  • 治療による管理がされていない高血圧の方
  • 脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を6ヵ月以内に発症した方
  • 網膜色素変性症の方
レビトラ
  • 有効成分バルデナフィルに対して過去にアレルギー反応を起こしたことがある方
  • 心血管系障害などがあり性行為が不適切とされる方
  • 先天性のQT延長の方
  • 脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を6ヵ月以内に発症した方
  • 重度の肝障害の方
  • 血液透析が必要となる腎障害の方
  • 低血圧の方
  • 治療による管理がされていない高血圧の方
  • 不安定狭心症の方
  • 網膜色素変性症の方
シアリス
  • 有効成分タダラフィルに対して過去にアレルギー反応を起こしたことがある方
  • 心血管系障害などがあり性行為が不適切とされる方
  • 不安定狭心症の方
  • 性行為中に狭心症を発症した方
  • コントロール不良の不整脈がある方
  • 低血圧の方
  • コントロール不良の高血圧の方
  • 心筋梗塞を3ヵ月以内に発症した方
  • 抗新党や脳出血を6ヵ月以内に発症した方
  • 重度の肝障害の方
  • 網膜色素変性症の方

女性は飲めない

どのED治療薬にも言えることですが、女性は服用することができません。
女性に対しての効果がはっきりと分っていないことが理由です。

バイアグラ・レビトラ・シアリスそれぞれのED治療薬を女性が服用することはやめて下さい。

女性用バイアグラについて詳しくはこちらをご覧ください。
女性用バイアグラ

参考サイト

このページは下記のサイトを参考にしています。