急増中!10代から20代、若者のED

更新日:2020/03/20 若者

実は今ひそかに増えている若者のED…
EDといえば50歳を過ぎてからのイメージがある中、10代から20代の患者さんが増えているようです。

ここでは、増えてきた若者のEDについて見ていきます。

実態調査の結果では

実際に調査を行うと、ストレスが原因でEDになったという人が多いです。
しかし、以外にもオナニーや食生活が原因でEDになったと考える人もいるようです。

若者のEDの原因となるは主に3つです。

・ストレス
・生活習慣
・AVの見過ぎ

では、一つずつ掘り下げてみていこうと思います。

ストレス

若者

ストレスが原因で起こるEDを心因性EDと言います。
若者がEDになる原因のほとんどがこの心因性といっても過言ではありません。

ストレスというのは、単純に仕事のストレス、人間関係のストレスだけでなく、セックスに対してのプレッシャーもあります。
仕事や人間関係のストレスでなんとなく気分が晴れないからセックスができない。
この場合はその原因を解消することで、EDも改善していきます。

しかし、セックスに対してのプレッシャーがあるというのは問題です。
かなり多いパターンとして、セックス中の中折れです。

特に、オナニーはできるのにセックスができないという場合は確実に心因性のEDです。

彼女を満足させることができるかな…
この間もここで失敗してしまった…

そんな些細なことがプレッシャーとなっているのです。

生活習慣

若者は無理な生活を続けていることが多いです。

ちょっとくらい寝なくても…
脂っこいものを食べても…
タバコを吸っていても…

そんな生活を続けいると、身体を壊すだけでなくEDの原因となります。
不規則な生活はEDになりやすいという研究結果もあります。

特に、喫煙者アルコールを飲む人はEDの自覚がある人も多いようです。

日本人は睡眠不足に陥っている人が多いとも言われますが、睡眠時間が5時間未満である人はEDの自覚があると言われています。
若いからちょっと身体に無理言っても…と思わずに、できるだけ規則正しい生活習慣を取るようにして下さい。

AVの見過ぎ

AV

近年、若者のEDの原因に上がっているのがAVです。
スマートフォンの普及により、AVも身近なものとなりました。

もちろん、男性がオナニーのために見ることもあるかと思います。
しかし、手軽にAVが見れるようになったことで、普通のAVだけでは刺激が足りず、アブノーマルなAVを見る人も多くいます。

実はこのアブノーマルなAVはEDの原因となりやすいのです。

これは、実際のセックスの時に現実の女性とAVの中の女性を比較してしまうからです。
オナニーではイけるのに、彼女を目の前にしてイかなかった…
こういった事例は多いです。

AVはあくまでも作りものです。
アブノーマルなAVを見続けてしまうことで、普通のセックスでは興奮することができないのです。

中には、射精障害を起こす人もいるようです。

若いから大丈夫ではない

若いからといってEDにならないわけではありません。
EDになる原因はたくさんあるのです。

しかし、若いうちであればEDを改善するまでにかかる時間も短く済みます。
どうしても治らない場合や急いでその場だけでも治したいという人には、ED治療薬をオススメします。

末永く楽しい性生活を送れるように、若いうちから注意していきましょう。