EDとオナニー。勃起や射精のトラブルを招く自慰行為の注意点

快感が強すぎるオナニーはEDの隠れた一因

オナニーは気軽に快楽が得られるもので、誰にとっても気持ちの良い行為ですが、やり方を間違えるとEDのリスクが高まります。特に快感を追求しすぎるオナニーは、EDを引き起こす隠れた一因となっています。

例えば、ペニスを強く握り手を動かすやり方を続けると、何時しか強い刺激が当たり前になります。これは女性との性行為で満足できなくなる引き金になりますから、強さが強すぎないか客観的に確認して、握り方を見直すのが賢明です。

特殊なオナニーも同様に、刺激の強さが問題となってEDを引き起こす要因となり得ます。リスクを避けるには、弱い刺激でも満足できるように慣れることが一番で、特殊なやり方も追求しすぎないのがベストです。

というのも、女性と行う性行為における締めつけは、手で握る力と比べてそれほど強くないからです。より強い締めつけを求めすぎると、それが問題を引き起こしますから、性行為と掛け離れた力はペニスに加えないようにしましょう。

基本的にやり方は自由ですが、特殊すぎるのも問題ですから、快感を求めるにしても限度を考える必要があります。絶頂の直前で興奮を静めて何度も繰り返す、こういうスタイルも長期的に見ると、やはりデメリットの方が大きくなりがちです。

視覚的な情報や音声についても、あまりに非現実的だったり掛け離れてしまえば、もう普通の性行為では快感が得られなくなります。そもそも、勃起が困難になれば快感を得ること自体が難しくなるので、節度を持った快感の追求が無難です。

不適切なオナニー習慣による膣内射精障害のリスク

不適切なやり方でオナニーをすると、その習慣が膣内射精障害のリスクに結びつきます。代表的なものとしては、うつ伏せの体勢で床にペニスを押しつけて擦る、いわゆる床オナが挙げられます。

この方法は体重がペニスに伸し掛かり、強く押しつけることができてしまうので、慣れて快感に物足りなさを覚えると、自然に押しつける強さが増していきます。

最初は手より刺激的な快感が得られるとしても、人間はやがて感覚が慣れますから、物足りなく感じるのは時間の問題です。毎日のようにオナニーをしている人は、強い刺激が日常化しているので、EDを発症しても直ぐに気がつけなかったりします。

女性と性行為をする時に初めてEDだと分かった、そういうケースも珍しくありませんから、床でオナニーをするのは考えものです。体勢も刺激が得にくくなる一因なので、うつ伏せでペニスを押しつけるやり方は不適切と理解して、なるべく普通の方法に留めるのが安全です。

膣内射精障害を発症すると、性行為で絶頂できなくなるばかりか、男性としてのプライドが傷つくので、リスクを避けることが肝心です。快感というのは限度がなく、上を目指そうと思えば何処までも追求できてしまいますから、自制心を働かせるのが困難です。

だからこそ、EDや膣内射精障害のリスク要因を理解した上で、適切な方法を身につけることが大切というわけです。体勢や力加減が不適切だと、ペニスを傷つけてしまうことにもなりますから、現在のやり方が間違っていないか客観的に確認しましょう。

性機能トラブルを予防するオナニーの心がけ

適度な力加減ややり方のオナニーは、性機能の維持に繋がるので、トラブルを予防する切っ掛けになります。最も理想的なのは手を使ったオーソドックスな方法で、実際の膣圧に近い力加減でペニスを握り、ゆっくりとリラックスしながら擦ることです。

EDは強すぎる刺激が引き金になりやすいので、力加減に問題がないか定期的に確認するのは大事です。1日に何度も繰り返すのも良くありませんから、1日1回程度に留めて心がけるのが賢明でしょう。

床や道具を使ったオナニーや、刺激的すぎる視覚や音声情報は、性行為本番に満足できなくなるリスク要因です。基本は手を使った弱い刺激で、外部情報に頼りすぎない、想像力を働かせるやり方が安全かつ効果的です。

性機能のトラブルを予防する目的であれば、リスクを避けるべきなのは当然ですし、安全性重視で楽しむのが一番です。力加減を守ることで、少ない回数でも満足できたり性行為で絶頂可能ですから、ED気味だったり性行為で満足感が得られない時は、オナニーに問題が疑われます。

適度だと問題の予防になりますが、過度では問題を引き起こすので、加減が難しいといえるでしょう。正しいか否かは経験を積み重ね、その中でベストなやり方を求めることになります。

まずは刺激が強すぎる不適切な方法を見直して、力加減を適度に修正するのが得策です。EDのリスクは回避しようと思えば避けられますし、性機能を高めて維持することもできますが、やり方1つで結果が変わると知ることが重要です。

EDとオナニーの関係まとめ

EDとオナニーは関係性があって、快感が強すぎると性行為で満足できなくなります。手でペニスを握るやり方でも、力加減に問題があればやがて、刺激に物足りなさを覚え始めます。

これが力を入れすぎる悪循環に陥り、膣圧では絶頂を迎えられないEDを発生させます。誤ったオナニーもリスクを高めますし、膣内射精障害を引き起こすこともあるので、間違いがないか客観的に確認することが必要です。

床にペニスを押しつけるオナニーは、手よりも刺激が強くなる傾向で、しかも体重をかければ何処までも刺激が高められます。それこそがEDや膣内射精障害のリスクを高め、問題に直面する原因となります。

道具を使ったやり方は、総じて刺激が強くなる傾向ですから、慣れすぎると非常に危険です。適度な力加減を保てば、むしろ性機能のトラブルを防ぎ、リスクを減らすことに繋がります。

正しいやり方の考え方は1つではありませんが、一度原点に戻って手で気持ち良くなる方法の再確認を行えば、何が正しいかが見えてくるはずです。少なくとも、性行為で感じる膣圧はリスクにならない強さですから、この強さが1つの基準になるでしょう。

元々膣圧のみで感じる刺激感はあまり強くないので、自慰の際に力を入れすぎてしまうのはある意味で仕方がないです。それでも、間違ったやり方のままでは膣圧でイケなくなりますから、少々物足りないくらいが丁度良く安全で、膣内射精障害を避けたり性機能を維持するヒントとなります。



勃起薬の通販商品

  • カマグラゴールドのパッケージ写真
    ED治療薬 カマグラゴールド 4錠 2,380円~
    詳細情報
  • スーパーカマグラのパッケージ写真
    ED・PE治療薬 スーパーカマグラ 4錠 2,580円~
    詳細情報
  • バリフのパッケージ写真
    ED治療薬 バリフ 10錠 2,980円~
    詳細情報
  • タダリスSXのパッケージ写真
    ED治療薬 タダリスSX 4錠 2,180円~
    詳細情報
  • マカのパッケージ写真
    滋養強壮サプリ マカ 90錠 3,240円~
    詳細情報
  • タウリンのパッケージ写真
    滋養強壮サプリ タウリン 100錠 2,480円~
    詳細情報
  • サイズプロウルトラのパッケージ写真
    滋養強壮サプリ サイズプロウルトラ 30錠 6,980円~
    詳細情報

ページの先頭に戻る